当社の創業精神- Our Emotion

初めて脳波計と出会ったのが2008年。
当時の脳波計は、脳検査をするための特殊な装置のイメージで自身とは無縁の存在でした。

しかしその後、エンターテインメントを目的に開発された簡易的な脳波計を人から貰い受け、興味本位で自身の脳波を試しにとってみた。すると、感情によって波形が異なることを体験し、もしかすると、脳波から人の感情が取得できるのではないかとの衝撃を受け、自身の脳波を取り続けた。
ある時、私は人気のお菓子を友人の子供にあげたところ、全く嬉しそうな反応をしない。
そこでその子に自身が計測してきたように脳波計で計測させてとお願いしたところ、この子は巷では人気のお菓子は“嫌い”との判定がでた。
また、脳波への興味が尽きない中、とある医療系イベントに興味本位で参加した時、年配夫婦で参加していた夫の方が脳波計測をしていた。耳をすまして聞いていると、妻は展示員に対し、夫に話しかけても直ぐに反応しないと愚痴っていた。どうやら夫の測定結果は“脳に伝わるまでにタイムラグ“があったようだ。

このように脳波や生体反応を分析することでヒトの感情や状態を可視化することができ、分析の仕方によってはビジネスになると確信し、Affective Computing(感情予測)を開発するに至ったが、今も感情を可視化することへの情熱は尽きることはない

当社のパーパス-Our Purpose-

私たちのパーパスは、当社シンボルに示されている通り、イノベーションによって、外部からヒトの表面”、その奥に”ヒトの裏面”、そしてさらに奥に”ヒトの本質面”を可視化し、世の中にもっと面白いをもたらしていくことです。
パーパスの実現を目指して、お客様と今までにない新たな価値創造に取り組んでいきます。

当社のビジョン-Our Vision-

私たちのビジョンは、お客様課題を解決し、お客様事業の上での集客だけでなく、売上・利益にも貢献したいと考えています。
ビジョンの実現によって、お客様により多くの事業機会を提供していきます。

当社の行動規範-Our Behavioral Guideline-

私たちの行動規範は、社員の一人ひとりが高度な倫理観をもち、不正や不祥事の防止に努め、機密情報の漏えいを防止いたします。

当社の企業概要-Our Company Overview

社名
・株式会社リトルソフトウェア
設立
・2014年1月14日

代表
・代表取締役CEO 川原伊織里
・代表取締役所長 川原達夫(リトルAI研究所
株主
・川原達夫
川原伊織里
三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合
事業領域

ヘルスケア分野(医療を含む)
エンターテインメント分野(eスポーツを含む)
事業内容
・HuMAN Affective Computingの開発・提供

・各種コンサルティング(新規サービス導入・脳波解析支援・データ分析支援)
・エッジ型(五感チップ)開発支援

・生体センシングアプリ開発
拠点
・営業オフィス 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13 ブラセオ青山ビル3F

・研究オフィス 〒157-0066 東京都世田谷区成城5-19-3-302